このIT大好き!では、アフィリエイト収益最大化!SEO対策済みWordpressテーマ「Diver」を利用しています。

日々、機能が追加されていて、進化するWordPressテーマといっても過言ではない優れたテーマです。

しばらくこのブログが書けなく放置状況でしたが、その間、バージョンアップが繰り返されていて、つい先日、バージョンアップしてみると(バージョンアップ永久無料です)、めちゃくちゃ使いやすくなっていました

とくに「入力補助」機能が大幅に使いやすくなっていて、記事を作成が楽にしかも記事の装飾が楽しくなっていました。

早速、アフィリエイト収益最大化!SEO対策済みWordpressテーマ「Diver」の入力補助機能についてご紹介します!

スポンサーリンク

らくらくボタン生成機能!色や大きさ、アイコンまで自由自在!

ボタン機能

記事投稿画面で、好みのボタンを作ることができます。

最近のWordPressテーマではボタンを搭載しているものが増えてきましたが、決められたデザイン・色のボタンのみで、自分好みにできません。

WordPressテーマ「Diver」では、色や大きさ、アイコンまで自由自在にボタンを作ることができます。

さらにショートコードタグなどいちいちコピーペーストする必要もありません。

「ボタン生成タイプ」、リンク先を別タブで開くかの「リンクオプション」、「ボタンテキスト」、「リンク先URL」、「7種類のボタンのタイプ」、「色」、「ボタンアイコン」、「オプション」、「大きさ」と細かくあって、好きなボタンを作ることができます。

これってすごい機能ですよね!!他サイトとは違う独自ボタンが作れちゃうんです。

ボタン表示例
「ブロック・大サイズ」

「フルサイズ・大サイズ」

「ブロック・中サイズ」

「ブロック・小サイズ」

「インライン・大サイズ」

上記のように、自由自在にボタンが作成できます。

ボタン機能 カスタム

色は「カスタム」を選択すると背景色、テキスト色、枠線色から自由に色を選ぶことができます。

難しい設定なく、項目を入力・選択するだけでボタンを作れるので、WordPress初心者にとっても、ありがたい機能です。サイトに馴染むボタンも自由に作れるので素晴らしい機能です。

スポンサーリンク

自由に作れる囲い枠機能

囲い枠

ボタンと同様に囲い枠も自由に作れます。

囲い枠表示例

ここにタイトル
囲い枠内のテキスト

タイトル

囲い枠内のテキスト。
罫線もつけれます。
またアイコンもタイトルやテキストに付けれる!
色も自由自在!
タイトル
囲い枠の種類は7種類もあります!
色はカスタムで何の色にも変更可能。
見出し背景色、見出しテキスト色、枠線色、背景色、テキスト色と全て好みの色に変更できる!
また装飾オプションで枠に罫線や影もつけれます。

囲い枠(ボックス)を使うと記事が見やすくなります。

タイトルなしの囲い枠も自由自在
色も好きに選べる

バッジも自由自在にカスタマイズ

バッジ
バッジに好きなテキスト入力可能←のようなバッジを簡単につくれます。

バッジデザイン

バッジデザイン

バッジデザイン

上記のようなバッジを簡単に一瞬で作ることができます。アイコンも選択するだけでバッジの前か後に付けることができます。

さいごに

今回、入力補助機能が大幅にバージョンアップされ、記事の装飾が簡単になっています。

しかも、デフォルトのみのボタン、バッジ、囲い枠だけでなく、色やデザイン、大きさと細かく自分の好みにできるなんてすごい機能です。

ショートコードで上記の機能を搭載しているWordPressテーマは増えてきていますが、ここまで自由自在にできるのは、WordPressテーマ「Diver」ぐらいです。

しかも簡単に記事投稿画面のみで利用できるので、記事を書くのに集中できますし、記事を装飾するのが楽しくなります。

こういった自由度が高いWordPressテーマを探していた方は、アフィリエイト収益最大化!SEO対策済みWordpressテーマ「Diver」を検討されてみてはいかがでしょうか。

アフィリエイト収益最大化!SEO対策済みWordpressテーマ「Diver」
購入後も進化し続けるWordPressテーマ!
アフィリエイトに最適化されたWordpressテーマ。
SEO対策、サイト回遊率、離脱率など考えられて制作されています。

ウィジェットも豊富。Google AdSenseなども一つのコードを入れるだけで一括で配置。
アドセンスのインフィールドも簡単にできます。

ブログで収益を上げたい!難しい設定なく利用できるWordPressテーマがほしい!
WordPress初心者でも安心して利用できるWordPressテーマです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事