本日(2015年5月13日)のGoogleロゴが『インゲ レーマン 生誕 127 周年』のアニメーションロゴになっています。

デンマークの女性地震学者であるインゲ レーマンが地球の核構造を解明したことをモチーフとしたロゴとなっている。

スポンサーリンク

インゲ・レーマンとは?

インゲ・レーマン(Inge Lehmann, 1888年5月13日 – 1993年2月21日)はデンマークの女性地震学者である。地震波の研究や、地球のコアに内核と外核があり境界面にレーマン不連続面があることを初めて示した。 コペンハーゲンの Østerbroに生まれた、父親は実験心理学者である。コペンハーゲンの大学やケンブリッジで数学を学んだ。保険会社で数年働いた後、測地学者、ニールス・ネアルン (Niels Erik Nørlund) の助手となり、デンマークやグリーンランドの地震の観測に従事することによって地震学に興味をもった。1928年に測地学の資格をとり、デンマークの測地機関の地震学部門のリーダーになった。 地震のP波の内核による反射などについて論文を発表し、その見解は数年のうちに当時の指導的な地震学者のベノー・グーテンベルグやチャールズ・リヒター、ハロルド・ジェフリーズらによって認められた。1953年にアメリカ合衆国に渡り、数年間、モーリス・ユーイングやフランク・プレスと協力し地球の地殻とマントルを研究した。この間、深さ190kmから250kmの深さにレーマン不連続面と呼ばれることになる境界面のあることを発見した。 小惑星(5632)Ingelehmannはレーマンに因んで命名された。

インゲ・レーマン – Wikipedia

Googleロゴにマウスのカーソルをのせると「インゲ レーマン 生誕 127 周年」と表示します。

Googleロゴをクリックすると、「インゲ レーマン」をキーワードとして検索した状態になります。

また、Googleロゴの内の右下の共有ボタンを押すと、Google+、Facebook、Twitter、メールへ共有することができます。

スポンサーリンク

さいごに

私は、インゲ レーマンさんを知りませんでした。なんと105歳と長命ですが、亡くなるまで精力的に研究されたそうです。Googleロゴきっかけで勉強になりますね。

リンク先

Google
https://www.google.co.jp/

過去のGoogleロゴ
http://www.google.com/doodles

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事